種類:青かびタイプ

 

スティルトン
(Stilton)

 イギリスのチーズといえば、青かびタイプの「スティルトン」。

世界中にコピーされたチェダーチーズとは違い、 この名称だけで、生産国が容易に出てくることからも自国独自の道のりを感じます。 大きな特徴としては、固さです。 チェダーチーズ製造方法と同様の方式をとるため、型入れがしっかりしている。 そのためか、緻密な組織のつながりが固くしまった食味と、ほろっとくずれるようなもろさも感じさせます。 そこがほかのブルーチーズと異なる所以で、青かびの広がりも 放射線状にきれいに散りばめられているので、大理石模様と表されています。

*このスティルトンをベースに近年開発された「シュロプシャー・ブルー」と食べ比べてみてください。

産 地  イギリス レスターシャー・ダービーシャー
     ・ノッティンガムシャー

原料乳  牛乳製

価 格  100g・・・・・¥1,000-(税抜価格)

※「スティルトン」は、ほかにも青かびを入れないものとして 「ホワイト・スティルトン」の名でクリーミィなものも出ています。


→チーズメニューのページへ